Gradioとは? python で アプリケーションを 簡単に作れるツール!!

Gradio

 機械学習 などの データサイエンス系に取り組んでいる方だと,予測をしたり モデルを作ったりする機会があると思います.そのとき,出来上がったものを アプリケーション化したい! という気持ちはあるけれども,アプリを作るのは手間かかりそうだな〜と諦めた経験はありませんか?

 そのようなときに,知っていたら良かった!!というのが今回紹介する Gradio という ツールです.Gradio を使うことによって,アプリケーション化をより簡単に作ることができますよ! (html や Java Script など書く必要ありません!)

スポンサーリンク

Gradioとは?

機械学習モデルのデモを Webアプリを簡単に作れるツールです!

Web アプリを作る際に必要となる HTML, CSS, JavaScript などの知識は不要で,pythonが書ければ アプリを作れてしまいます!!

おすすめの3つの理由
  1. 環境構築が簡単!
    • 「pip install」で使える!
    • Colab (google colaboratory) でも使える!
  2. 常時 ホスティング
    • 別途ホスティングをする必要なし!
  3. 多様な 共有方法
    • Python の ノートブックに 埋め込むような形
    • Web ページ の どちらでも表示することもできる!

インストール方法

 pip install で インストールできます!

pip install gradio

Hello world

チュートリアルとして,名前を入力したら 「Hello (名前) !!」と返してくれる簡単なアプリケーションを作ってみようと思います!

実際に 作ってみた 簡易アプリが以下のものです

ちなみに,この簡易アプリを作るのに書く必要のあるコードはどのくらいだと思いますか??

なんと, たったの 5行です!

サンプルコード

 上の簡易アプリは このようにプログラムを書いていました! Colab でも実装できるので,是非気になるかたは試してみてください!!

import gradio as gr

def greet(name):
    return "Hello " + name + "!!"

demo = gr.Interface(fn=greet, inputs="text", outputs="text")

demo.launch()

表示方法

Notebook 形式

Notebookでは,このように埋め込まれるような形で表示されます!! (下の画像は Colab での実装画面)

ここで 発行されている URL (下の画像の場合だと https:// 13624.gradio.app) をクリックすると Web形式でも共有できるので,このURLを共有することで他の人も Webアプリを利用することができます!

Web形式

Webアプリとして,このように表示されます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました